ダイレクトメールの情報がいっぱい!

このサイトでは、ダイレクトメール(DM)についての紹介をしています。
不特定多数の人に商品の宣伝をする場合、DMを利用するのは効果的です。
しかし印刷はどこに依頼すべきか、そして印刷にかかる料金はどれぐらいか、製作を依頼する印刷会社の選び方はどうすれば、など様々な課題を詳しく解説します。
またDMを送付する際、法的な問題に抵触しないよう、関わる法律を学ぶことも大切です。
個人情報の取り扱いも含め、配送を代行してもらう方法と流れについても掲載しているので、一読するのをお勧めします。

ダイレクトメールを代行してもらう方法と流れ

ダイレクトメールを代行してもらう方法と流れ ダイレクトメールとは、不特定多数の人に企業の商品やサービスを知ってもらうための宣伝方法のひとつです。郵便受けにチラシが入っていて、思わず目を留めたことは少なくないはず。もちろん興味のない人にとっては必要のないものですが、顧客を増やす一つの手段としては効果的です。 またダイレクトメールは代行業者が様々にいて、印刷物の製作だけを行うところから、印刷から配送まで一括で取り行ってくれるところまで多岐に渡ります。予算によってパッケージの幅が決まりますが、中には印刷会社と配送業者が提携してサービス展開している、質の高い代行業者もあります。そのため、まずは「予算の額」と「どの年齢層への売り込みをしたいか」を準備し、相談してみると良いでしょう。

ダイレクトメールを代行業者に頼む方が安い理由とは?

ダイレクトメールを代行業者に頼む方が安い理由とは? ダイレクトメールを代行業者に依頼する場合、少しでも予算を抑えたいからと、自分でできることは自分でしがちです。しかしその結果、かえって割高になってしまうケースが少なくありません。たとえば、印刷物を自ら手配することで節約できる場合もありますが、印刷物の納期が遅れた場合は自分で対応しなくてはいけませんし、大量の印刷物を自ら納入する必要があります。印刷物のスケジュール管理の手間やそこに費やす時間を考えると、印刷から発送までを依頼する方がかえって割安だと言えるでしょう。業者の多くは、印刷から宛名ラベルの作成、封入・封閉じ等の発送準備、そして発送までを一括して請け負うことで安い料金プランを提案しています。それゆえ、作業工程の一部分だけを依頼する方が割高になってしまうのです。 しかもダイレクトメール代行業者は、送料そのものを安くあげるノウハウを持っています。ダイレクトメールの送料は、運送会社、配達地域、ダイレクトメールの重さや数、形状によって異なりますが、大手運送会社の割引制度を熟知し、場合によっては配達区域が限定された低価格の配送会社に依頼するなど、運送会社を使い分ける術も心得ています。それゆえ、ダイレクトメール代行業者に頼む方が、トータルで見ると安いと言えるのです。

ダイレクトメールの代行業者

ダイレクトメールの代行を頼む

新着情報

◎2021/3/18

印刷会社の選び方
の情報を更新しました。

◎2021/1/31

サイト公開しました

「ダイレクトメール 安い」
に関連するツイート
Twitter

コロナ禍のいま、 リモートでの活動が標準になっております。 まずは、ダイレクトメールでご挨拶!

新しい生活環境! 新しいビジネスモデル構築にダイレクトメールをご活用下さい。 新鮮な住所録データをご用意しております。

新しい生活環境! 新しいビジネスモデル構築にダイレクトメールをご活用下さい。 新鮮な住所録データをご用意しております。

新しい生活環境! 新しいビジネスモデル構築にダイレクトメールをご活用下さい。 新鮮な住所録データをご用意しております。

どんな窮地であっても、100年以上続くダイレクトメールが救ってくれる。 最新の全国業種別事業者住所録データが成功に鍵。 新鮮、安いがお薦め。